.仕組みをひと言で教えてください。
A.ブティック.・おしゃれ品店・雑貨店に新な見込み客を集めます。中古品買取りを他県事業者に送らず、街内の貴店に来てもらいます。来店のかたは数十万円のブランド品をもつかたもおり、中古品のため身分証明書提示、住所・氏名を残します。

さらにほかとの差別化で、検品後着手金の即金支払いをします。ヤクオフ落札後に手数料を引いた清算金を振り込みます。

イラスト交えたわかりやすい説明をご覧ください。

Q.宣伝方法はどのように
A.ブログホームページを開設して、街でサイト検索上位にあげます。テストすみです。本部から各県の取り扱い店舗を周知PRします。SNSを活用して参加店みんなで周知をする考えです。
配布するチラシを制作し、実費で提供します。セールのお知らせも掲載可能です。地域の家に入れたり、手阿渡したりPRします。タウン雑誌に載せたりなどの、成果を共有して行きます。ホームページはお金がかからないアメブロなども推奨します。

Q.集客に効果的なというホームページ制作はどのようにするのですか。
A.デザインは銀通インポートで使用しているデザインに習熟しているためそれを推奨します。けっこうワードプレスというブログソフトの知識が要りますから、詳しくないかたは信頼できるパソコン販売店に安価に制作依頼ができます。Web制作会社に頼むと10万円は予想されます。納入後、アメブロなどのように小まめに記事を書いて検索上位にあげます。

制作はこちらで行うのではなく、信頼できる制作者とデザイナーを紹介したり、サイト検索がトップに上がるサポートを行います。

ホームページ参考 http://ginzaleica.jp/2019/03/17/prokai/


具体的な運用関係
Q.参加費用について教えてください。
A.参加月会費は10.000円税別です。集客ホームページは制作は30,000円(税別)で制作者に話をしています。
ご自分で制作する場合はデザイン会社からを10,000円でテンプレートを購入することが必要です。

Q.デザインは他のを使うことができますか。
A.大阪のWebデザイン会社は数多いワードプレステンプレートを作っています。そこから選んでご自分で制作ができます。ただ私が習熟しアドバイスできるのは限られます。いずれは3つとかレパートリーを広げたいでとは思います。

Q.その他の費用を教えてください。
A.ドメインと言って世界中に貴女だけにしかないネット上の名前を取得して維持するのに500円から3,000円/年かかります。集客ホームページのデーターを記録するサーバー代が500円/月程度です。

Q.集客効果がなければ参加費返還とありますが、返していただけるのですか。
A.ご指導どうりの活動をし、ブログホームページの記事も書き重ね、そのうえで見込み客増にならなければ1年後に月参加費全額をお返しします。これは参加時の覚書に条項として入れます。集客ホームページ制作費は当ネットに入るのではなくパソコン店にですし、完成品として納めていることがあり返還にはなりません。ドメイン料金・サーバー代も他会社に入り返還対象にはなりません。

Q.記事を書き続けるのってたいへんで自信がありません。
A.第一次計画では全国100店舗です。石川県金沢市のブティックと札幌市のブティックのページを見比べることはまずありません。丸写しでは困りますが、内容を変えて日々のことを書き合うことができます。その中にご自分のお店を示すキーワ-ドを含めて書きます。記事が上手なブティックを了解を得てこちらで掲げます。
またパソコンなどの操作が不得手なかたには必須の活動ではありません。

補注:ホームページは必須的な活動ではありません。意向に対して対応いたします、というものです。またアメブロはご自分で取り組みやすいと思います。


その他の疑問に関して

Q.第二次募集計画があるのですか。
A.大きな町など、利用の利便性をみた参加店増はあります。一転範囲に先行する参加店があれば新規参加はできなくなります。また提携店舗増加となれば二次計画では参加権利金10万円などが発生して加盟無料特典はありません。また参加料全額返還適用もなくす計画です。

Q.銀座1丁目の宝石店での修理やデザイン替えについて教えてください。
A.この宝石店は表参道モリハナエビルに開店をしていました。ビル建て替えによりその後に移転・縮小しましたが、そのころからの一流の宝石加工技術者と提携をしています。参加店の店の集客としてこの宝飾品の一流技術による修理とデザイン変更を募ることができます。近隣差別化になります。

Q.ブランド品の即金支払いってたいへんでは?
A.スタート時、資金面でたいへんで大きな資金は投入できません。300万円でスタート予定で、月に2回転の計算で600万円を買い取ることができます。スムーズな稼働が確認できれば借入金の考えもあります。さらに第一次計画の各都道府県2店舗見当の100店舗の参加があれば、翌年に税を納めた残りを投入できます。
何年かで数千万円の資金でもってお客さまの利便に供しますが、参加店みなさまで創り上げることができる集客システムとなっています。

Q.エルメスの高額バッグなどおもちになったら、資金がなくなるのでは?
A.中古でも90万円などの価格がつくブランド品は、着手金の限定をします。街の買取店なみの価格が基本ですが、上限30万円など基準を設けて、落札後の清算金を多くします。

Q.今の運営者は年配ではなですか(笑)。
A.はい、頑張っています。家内は私より8歳下です。商売の家に育ち、仕事面では大きな組織で管理者を務めました。次男は西洋医学の医師で、いずれ結婚すればお嫁さんは家で退屈しているよりもブランド品のお世話をしたりができるとも思っています。
とにかくも現在に全力投球でして、軌道に載せてからのことと考えています。